健康

熱中症になったらどうする?軽度でも知っておくべき対処法

うだるような暑さが続く季節になりました。
最高気温が30度を超える日が多くなってきましたが、こんな時期は外で立っているだけでも辛いなんて日もありますよね。
 

外で作業をしたり外出先から帰って来たら、なんだか身体の調子が良くないな・・・なんてことありませんか?
そんな時、もしかしたら熱中症になってしまっているかもしれません。
 

ご自身や家族が少しでも熱中症かな?と思ったら無理をしてはいけません!
熱中症になった場合のするべき対処法をご紹介します。
 
 
 

スポンサーリンク

熱中症になったらどうするべきか?

 
あなたはどんな時に熱中症になってしまいやすいと思いますか?
炎天下で運動をしていたとか、クーラーの無い部屋で作業をしていたとか、そんな話を聞くことも多いですよね。
 

熱中症になってしまう時の状況には、環境的な要因身体的な要因があります。
 

◯環境的な要因◯
・気温が高い
・湿度が高い
・日差しが強い
・急に暑くなった
・無風状態          など
◯身体的な要因◯
・激しい運動などで体温が上昇している
・高齢者または乳幼児である
・肥満傾向、体力がない
・持病がある
・寝不足、疲労などで体調が悪い
・暑さに慣れていない   など

このような要因の中で複数心当たりがある場合は要注意です。

  
しかし当てはまるものが無いと思っても、以下のような症状があったら熱中症の疑いがあります。
 

◯熱中症の主な症状◯
めまい、立ちくらみ、筋肉痛、筋肉の強張り、
こむら返り、普段より多く汗をかく、
頭痛、吐き気、だるさ、身体に力が入らない、
意識の障害、けいれん、手足の運動障害  など

 
このような症状がある場合は、それぞれに合わせた処置が必要になります。
 
 
 

熱中症になったら軽度か重度かを確認

 
まず重要なのは、すぐさま救急車を呼ぶべき場合もあるということです。
重度の熱中症になってしまうと、最悪の場合命に関わることもあるということは、覚えておきましょう。
 
 
A.意識が無い、またはもうろうとしている
⇒すぐに救急車を呼ぶ

 

B.けいれんや、手足の運動障害が起きている
⇒すぐに医療機関へ搬送または救急車を呼ぶ

 

C.AやB以外の症状があるが、自分で水分補給ができない
⇒医療機関へ行く

 

D.AやB以外の症状があるが、自分で水分補給ができる
⇒次章のような対処をし、改善しなければ医療機関へ行く

 
 

※またCやDの場合でも、平熱より体温が高くなっていたり、むしろ症状が悪化してきた時は救急車を呼びましょう。
平気かな?と放っておくと重度になってしまう場合もあります。
 
 
※自力で水分補給ができない場合は無理に飲ませるとかえって危険です。医療機関で点滴を打ってもらいましょう。

 
 
 

スポンサーリンク

熱中症になったらおこなうべき対処法

 
意識がはっきりとしていて自力で水分補給ができる場合は、ひとまず以下の様な処置をおこないます。
 

1、涼しい場所へ移動し、安静にする

クーラーの付いている部屋があればそこで休むのが良いですが、難しい場合は風通しの良い場所に移動します。
着ている衣服を緩めて、安静にします。
 

2、水分・塩分補給をする

水分だけだと汗で失われた塩分などのミネラルを補給できないので、スポーツドリンクや経口補水液を飲みましょう。
(美味しくないと有名な経口補水液ですが、脱水症状が出ている時に飲むと 美味しく感じられるのだとか)
 

3、身体を冷やし体温を下げる

冷たいタオルや氷のうなどで直接身体を冷やします。
太い血管が通っている首、太もも、わきの下を冷やしましょう。
 

それでも改善しない場合は、医療機関を受診しましょう。
 
また軽度の熱中症の場合、無理をして医療機関に行こうとすると却って症状が悪化してしまうことがあります。
可能であれば・上記3点の処置をおこない ・日の高い時間を避け ・誰かに付き添ってもらいながら ・なるべく車などを利用しましょう。
 
 
 

まとめ

熱中症は本当に怖いものです。
私の友人は遠出先の屋外で軽度の熱中症になり、それがきっかけで不安障害になってしまったそうです。
 
また知り合いの高齢のおばあさんは、ある年に熱中症になってしまい、病院で点滴を受けたそうです。
それ以来、夏になると頻繁に軽度の熱中症になるようになってしまい、今までの元気が嘘のように外出が思うように出来なくなってしまったのだとか。
 
 
重度の熱中症は命の危険があるのでもちろん怖いですが、軽度だと油断していると、後遺症が残ることもあるのだそうです。
少しでも身体が変だな、と思ったら無理をせず休息を取り、ご自身の症状に合わせた処置をしましょう。

スポンサーリンク

-健康
-,

© 2021 1を10にする暮らし Powered by AFFINGER5